舞台

エドワード二世

2011年4月公演「ゴトーを待ちながら」でその演出力を高く評価された森新太郎が、イギリス・エリザベス朝演劇の代表的作家、クリストファー・マーロウ作「エドワード二世」に挑みます。
シェイクスピアと同時代のマーロウの作品6作品の中でもこの「エドワード二世」の本格的な日本での上映は初めてです。
実在のイングランド王、エドワード二世の、フランス騎士を寵愛したため王妃とその愛人に虐殺される、起伏に富んだ激しくも短い生涯を描いた作品です。

シェイクスピアの史劇「リチャード二世」にもその影響がうかがえるマーロウの歴史的群衆劇、森新太郎の緻密にして大胆な演出が大いに注目されるところです。
日程 2013.10.08-10.27

クリストファー・マーロウ

演出

森 新太郎

翻訳

河井祥一郎

出演

柄本 佑 中村 中 安西慎太郎 窪塚俊介他

イザベラ役にて出演@新国立劇場
twitterFacebook
▲To Top
To Top