中村 中

Ataru Nakamura

歌手・作詞作曲家・役者
1985年6月28日生まれ 東京都墨田区出身

シングル「汚れた下着」(06)でデビュー。
2ndシングル「友達の詩」(06)で第58回 NHK紅白歌合戦に出場。
4thアルバム『少年少女』(10)は第52回 輝く!日本レコード大賞にて優秀アルバム賞を受賞。
代表曲は「リンゴ売り」(07)「風立ちぬ」(08)など。最新作はアルバム『去年も、今年も、来年も、』(15)。

歌手としての傍ら、AAA、戸田恵子、STARDUST REVUE、岩崎宏美、研ナオコ、八代亜紀など多くの表現者や、舞台への詞・曲提供も行う。

また役者として『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』(07/演・鈴木勝秀)、『ガス人間第1号』(09/演・後藤ひろひと)、『エドワード二世』(13/演・森 新太郎)、
『夜会vol.18「橋の下のアルカディア」』(14/作演・中島みゆき)、『マーキュリー・ファー』(15/演・白井晃)、『ベター・ハーフ』(15/作演・鴻上尚史)、『ライ王のテラス』(16/演・宮本亜門)など様々な舞台に出演。

現在、DIR EN GREYのギターDieとMOON CHILDのドラマー樫山圭を中心としたバンドDECAYSのボーカル&ギターとしても活動中。
2016年12月7日にアルバム『Baby who wanders』でバンドデビューが控えている。

何れの活動においても、その繊細さと大胆さで強烈な印象を残すのが中村 中である。

twitterFacebook
▲To Top
To Top