Album
Album

世界のみかた

2014.09.03
初回限定盤
品番:TECI-1416 価格:¥4,500+税

移籍第1弾にして初のセルフ・プロデュース!
6th album『世界のみかた』
先行シングル「幾歳月」のアルバム・バージョンを含む全11曲収録。
収録曲逆順CD付初回限定盤!!

正位置盤

01幾歳月~Album version~
02おつきさま
03カーニバル
04昨日までの話
05思い出とかでいいんだ
06世界のみかた
07ひとり暮らし
08同級生
09後悔してる
10白夜
11愛されたい

逆位置盤

01愛されたい
02白夜
03後悔してる
04同級生
05ひとり暮らし
06世界のみかた
07思い出とかでいいんだ
08昨日までの話
09カーニバル
10おつきさま
11幾歳月~Album version~

DVD

01幾歳月 Music Video
02同級生 Music Video
03幾歳月メイキング

ライター志田 歩による 6th album『世界のみかた』解説

中村 中の通算6枚目のオリジナル・アルバム『世界のみかた』は、テイチクへの移籍第一弾であると同時に、セルフ・プロデュースで新たな境地に挑んだ作品でもある。

 まずここに至るまでの経緯を急いで振り返ってみると、元々彼女は21歳の誕生日である2006年6月28日にシングル「汚れた下着」でメジャー・デビューし、翌2007年1月にファースト・アルバム『天までとどけ』、同年12月にセカンド『私を抱いて下さい』を発表。中学生の時に初めて買ったCDが研ナオコだったところから音楽への興味を深めていったこともあって、ジャジーな要素も含む昭和歌謡風の音楽性と人間の内面を深く洞察した歌詞、そして舞台女優としての活動も並行しつつ、卓越した表現力を宿したヴォーカルで、早くから深みのある楽曲を多数発表してきた。

 その深みとは、たとえ多勢に無勢といわれるような状況であろうと、自分の実感を決して手放さない者を優しく包みこむしなやかでかつ凛とした力強さ。その背景には彼女自身が性同一性障害である自分の資質ときちんと向き合うまでの体験が、糧となっている部分もあるように思う。
 だが彼女はそれだけでなく、その後もミュージシャンとして次々と新たな扉を開け放ってきた。サード・アルバム『あしたは晴れますように』(2009年)と4th『少年少女』(2010年)でアレンジャーに根岸孝旨を起用した後、前作『聞こえる』(2012年)ではプロデューサーに笹路正徳を起用。こうしたベテラン・ミュージシャンとの共同作業を通じて、プログレッシヴ・ロック、ファンク、さらにはプログラミングを使ったダンス・ミュージックにアプローチして、怒濤の勢いで音楽性を広げてきたのである。

 そして今回初のセルフ・プロデュースで届けられたのが『世界のみかた』。プレイヤーには真壁陽平(ギター)、TABOKUN(ベース)、かどしゅんたろう(ドラムス)の三人を従え、彼女自身はヴォーカルの他、キーボード、パーカッション、プログラミング、リコーダー、ピアニカを担当して、マルチ・プレイヤーぶりも発揮している。こうした顔ぶれでレコーディングに臨んだのは、「20代の終わりに無我夢中であがいている気持ちを表現するために若々しい勢いのある演奏が必要」という彼女の判断によるものだ。

 実は本作の準備期間中に、中村 中は「何をテーマに歌うべきか?」という深刻な悩みに直面した後に、そうした迷いすらも歌っていこうと思いを新たにして取り組んだという。本作『世界のみかた』のテーマも、まさに苦闘の産物だ。彼女の現状を占うタロットカードで提示されたのは“吊された男”。このカードはいっけん不吉に見えるものの、実は現状での努力や行動が今後につながる良い面を意味しており、その同じカードが逆さまの状態(逆位置)では、現状が変わらず苦労し続けることや今後につながらないことを意味する。これにヒントを得て生まれたのが、“同じものでも見方によって異なる意味になる”という発想である。

 ちなみに本作の初回限定盤には、収録曲を通常盤(正位置盤)と真逆にした“逆位置盤”を付加している。これは“ものごとは気の持ちよう”“ものごとを複数の見方でとらえる”というアルバムのテーマを反映して、タイトル曲である「世界のみかた」をまん中に据えた本作のシンメトリカルな構成を強調するところから生まれたアイデアだ。通常盤の購買者もパソコンで各楽曲のデータを逆に並べ変えることで“逆位置盤”が制作できるように曲間の時間を調整するという、徹底的なこだわりを持ったマスタリングが施されている。

 こうした取り組みは、彼女がコンセプト・アルバムに取り組むミュージシャンとして音楽のデータを制作するだけでなく、セルフ・プロデュースにより、データの配列の仕方にも美術家のような発想でコンセプトを反映させたからこそ実現できたものといえるだろう。

文 志田 歩

M-8同級生

twitterFacebook
▲To Top
To Top