2021.05.12 up

〈配信〉「バトンソングス・カフェ」に中村 中が出演します!

「音楽のチカラを次の時代へ手渡そう」をテーマに行うトークイベント。
中村 中も後世に残したい歌についての語りと歌で参加します。
視聴可能人数に上限がありますので、お早めにお申し込みください!
参加費は無料です。
日程 2021.05.21(金)
配信開始

18:00-

視聴方法

配信にて本セッションを、オンラインでご視聴いただけます。
*本セッションは、Zoomウェビナー形式でオンライン配信いたします。

司会

スージー鈴木 (音楽評論家)
上柳 昌彦(アナウンサー)

バトンソングス・プロジェクト

嶋本達嗣(博報堂)

ストーリーテラー「私の唄物語」

石寺 修三(博報堂生活総合研究所 所長)
早川 裕見(pub 1969店主)
助川 仁(JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント/ストラテジック部)
増渕 保夫(JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント/ストラテジック部)
渡邉 裕二(文化通信社 代表取締役社長)

スペシャル・ゲスト

中村 中

バトンソングスオフィシャルサイト

https://www.batonsongs.jp/info/

SCHEDULE
*2021.05.21 Good Only Friday Eve.

18:00 イントロダクション 次の時代へ大切な音楽をバトンしよう
18:10 トーク・セッション「6つの唄物語」
19:20 スペシャルゲスト・コーナー 中村 中のバトンソング・ライブ
19:40 クロージング 音楽のチカラと可能性を語り合おう(20:00終了予定)

概要

音楽の世界において、クリエイティブなのはミュージシャンだけではありません。聞き手である私たちも、好きな唄に想いを込め、唄の思い出を誰かと共有することにおいて創造的です。

ひとつの唄を心の支えに、寂しさに堪えたことがある。ひとつの唄に背中を押されて、闘いに挑んだことがある。ひとつの唄がきっかけで、大切な人と出会ったことがある。この国には、世界には、そんな音楽にまつわる人間物語が溢れています。本セッションでは、こうした【唄物語】を次の時代に手渡していく活動を続けているバトンソングス・プロジェクト(※)協力のもと、「文化的遺伝子としての音楽の価値」を語り合います。

本セッションを、オンラインでご視聴いただける方を募集します。音楽を愛好する皆さん、お気軽にお申し込みください。音楽のチカラ、音楽がこれからの時代に出来ることを、是非一緒に考えましょう。

■ 主催 : UNIVERSITY of CREATIVITY
■ 協力 : バトンソングス・プロジェクト (※)

※音楽を通じた文化継承に賛同する有志によって結成されたコミュニティ。性・年代、職業、地域の際を超え、「人の中にある掛け替えのない記憶を社会の財産に」というビジョンの下、多様なメンバーが集結し、一人ひとりの楽曲にまつわる物語を、次の時代へと手渡していく運動を展開しています。

※視聴にあたってのご注意※
Zoomクライアントの最新バージョンでないと、映像が一部正しく表示されない可能性がございます。
大変お手数ではございますが、最適な環境でご覧いただくために、ご視聴いただく際には最新版に更新の上お楽しみください。
Zoomの最新バージョンへのアップグレード・アップデート方法は以下をご参照ください。
また、スマートフォン・タブレットでご視聴の場合も映像が一部正しく表示されない可能性がございます。ご了承ください。
twitterFacebook
▲To Top
To Top

最新のリリース情報や公演情報を無料メールでお届けいたします。メールアドレスの変更・解除はこちらから

メールアドレス 
登録完了メールが届きます。 万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、大変お手数ですが、再度入力をお願いします。
*ドメイン指定受信を設定している場合は、「@ataru-atariya.com」ドメインからのメールが受信されますように、設定をお願いいたします。